スタッフ ブログ

スタッフのブログです。

ブログ一覧

リフレッシュ ダイビング

26.MAY.2024(SUN)
ポイント名:八重根・乙千代ヶ浜
気温:24℃
水温:22.0℃

こんにちは!
スタッフの和仁です!!
本日の八丈島のダイビングログです。

今日は南・西・北といずれのポイントも静かになりました。
お客様の入れ替えで、昨日までいらしていたお客様達はお帰りに。
逆に本日ご到着のリピーターのお客様と、ローカルダイバーのお客様のご来店です。
リピーターのお客様は、かつて八丈島に住んでいたこともありますが、離島されてから3年ぶりのダイビングということで、リフレッシュ ダイビングご希望でいらしてくれました。

早速、忘れているだろうアナライジングからスタート!

ですよねぇ・・・
3年以上離れていると、アナライザーの使い方も忘れちゃいますよね。
期待通りでした(笑)
器材のセッティングに関しても、慎重に思い出しながらやられてました。

でもひとたび水中に入ると、満面の笑みで気持ちよさそうに泳いでます。
お約束の アオウミガメ スタート ♪

やたらとあちこちに居てくれ、結局8個体ほどのアオウミガメに出会えました。

「やたらと居る」と言えばこのベニクラゲも・・・

先日からやたらと目に付きます。

また、各種幼魚もどんどんと増えて来てます。
キツネベラ や ヒレグロベラはもちろん、アマミスズメダイの幼魚などは至る所にいて、ベビーラッシュも目前ですね。

今日はリフレッシュ ということで、いつもよりもペースを落として、アーチや沖の砂地など廻り、の~んびりと遊んできました。

ランチの後は、乙千代ヶ浜へ移動。
お客様のリクエストです。

アーチをくぐり沖のドロップオフまで進みます。

潮に逆らって巨大なイソマグロが通り過ぎていきましたが、写真は撮れず・・・
なんか久しぶりに見たような???

去年見つけたナンヨウハギの幼魚が居るサンゴを覗いてみたら、今年も居ついてくれてました。
去年は5匹いたのですが、今年は2匹のみ。

八丈には多くない種ですので、2匹でもありがたいです。
もう少し岸よりであれば、気軽に見せられるのに・・・

湾から出た直ぐのオーバーハングでは、サザナミヤッコの幼魚も。

タテジマキンチャクダイに比べると個体数も少ないので、写真を撮られるお客様には良い被写体かもですね。

砂地で両腕を広げて、ヒーリング中のお客様。

もの凄く気持ち良さそうなので、邪魔しないようにそーっと見守ってました(笑)

アフターダイブは「むかしの富次郎 さん」。

今日頂いたのは かき氷&ソフトクリーム の中から「マンゴ スペシャル」。
果肉入りのマンゴかき氷の上にソフトクリームを乗せてくれます。
これがかなり美味しいんです。
皆さんも機会があればぜひお試しあれ!!

本日頂いたお土産は北関酒造さんの「蔵の冠」。

お気に入りの日本酒らしく「ぜひ呑んでもらおうと思って・・・」と買って来て下さいました。
ありがとうございます。

八丈小島のケーブから

25.MAY.2024(SAT)
ポイント名:トモオジ(八丈小島)・ヤケンヶ浜・シュショケ
気温:24℃
水温:22.0℃

こんにちは!
スタッフの和仁です!!
本日の八丈島のダイビングログです。

今日は「北西の風」から「北東の風」に変わる予報。
2ボートダイブ & 1ビーチダイブのスケジュールにて出発です。
スタートはボートにて「八丈小島」へ向かいます。

道中はバシャバシャしてますが、島陰に入ると白波もほぼ無くなり、なかなか良いコンディション。
しか~し、流れがどうしてどうして・・・
どこもかしこも流れているじゃありませんかっ(悲)
で、沖まで出なければ問題ないトモオジへエントリー。

ケーブの中にはアカマツカサががグッチャリといて、イセエビも点在。

カッポレの群れも我々に興味があるのか、出たり入ったりとしています。

カンパチ や ユウゼン も、ゆっくりと撮影していただけました!

流れの無いエリアでゆっくりと遊んだら、2本目は島回りに戻りヤケンヶ浜です。

アオウミガメ や ツバメウオ、テングダイなど見ながら、水中を縦横無尽に走っているチャネルを抜けます。
このポイントはアーチにプラスして、まるで迷路のように何本もあるチャネルを楽しむことができるダイブサイトです。
後半でいつもイシダイ・イシガキダイが溜まる場所に行ってみると、はい! 居ます居ます。

写真には半分ほどしか写ってませんので、1カ所に15~16匹は棲んでいるんでしょうね。
警戒心が強くて、なかなか寄ることができないので、まともな写真が撮れないんですけど。

さて港に戻り、3本目はお客様のリクエストにお応えしてシュショケへ!
ビーチダイビングです。

溶岩を転ばぬよう注意しながらエントリーエリアへ!

エントリーし潜降すると直ぐにケーブがあり、ここを抜けて外洋で出ていきます。

ヤッコエイ や ツバメウオ、スミレヤッコ、テングダイ、ハナゴイ、そして パイナップル や キスジカンテンなどのウミウシなど撮影されてました。
そして根の上にはメジナがグッチャリ。

ちょっと ユウゼン玉 など期待していたのですが、いるのはペアのみ・・・
それでもお客様は大喜びして下さっているので、それはそれで!

沖合いにあるアーチをくぐり、エキジットエリアへ進路を変えます。

最後も最初に通ったケーブを抜けてエキジット。

終日、ケーブで遊んだ感じでした。
ぶち抜けの透明度、複雑な地形、様々な生物と、大満足していただけました。

2ダイブ & アフターダイブ

24.MAY.2024(FRI)
ポイント名:八重根 × 2
気温:23℃
水温:22.0℃

こんにちは!
スタッフの和仁です!!
本日の八丈島のダイビングログです。

今日はリピーターさんたちのご来店で、八重根でランチを挟み、2ダイブのスケジュール。
エンリッチドエアを使用するのですが、忘れてしまわないようにご自身にてアナライジングをしてもらいます。

の~んびりと準備をしてエントリー。

透明度は25m程ですが、何となく濁ってます。
そして当たり前に、アオウミガメから始まります。

ドロップオフ、オーバーハング、チャネル や アーチ と地形全部盛り(笑)

ワイドを楽しみつつも、セナキルリスズメ や キンギョハナダイの幼魚の群れ、アマミスズメダイの幼魚、タキベラの幼魚、ヨゴレヘビギンポ、カスリフサカサゴなどなど、撮影されてました。
クマノミのタマゴは目がはっきりとしてきてちょっとグロい(爆)

なんて思いながら、2ダイブ楽しく潜ってきました。

さてアフターダイブはというと、まずは「ジャージーカフェ」。

私の個人の好みで「コーヒーゼリー」。

つられてみんなこれを買ってました(笑)

そして本日の締めは「ふれあいの湯」。

ゆっくりと温まっていただき、今日遊んだ疲れを癒されます。
さっ! 明日もガツンと遊びますよぉ~っ!!

エンリッチド エア で3ダイブ

19.MAY.2024(SUN)
ポイント名:ナズマド × 3
気温:24℃
水温:22.5℃

こんにちは!
スタッフの和仁です!!
本日の八丈島のダイビングログです。

午後からは雨予報だったものの、終日曇天で済みました。
海況は島中がナギ。
こんなコンディションも珍しいです。

日曜日ということで、昨日までいらしてくれていたお客様は皆さんお帰りで、入れ替わりでリターニングゲストのご来店。
エンリッチドエアを使用して、3ダイブしてきました!

3ダイブとも流れはほぼ無し。
安心して楽しめます!

基本、沖にある根「馬の背」を利用してのナビゲーション。

根回りでは、様々な種類の魚がいて、一周回っただけでも十分に楽しめます。
馬の背の先端付近では、キホシスズメダイがウジャウジャ ♪

アオウミガメは、我々ダイバーは無視してお食事に夢中。
おかげで、じっくりと撮影させてもらうことができました。

さらに南にある根「スミレ根」に向かい進むと、キンギョハナダイ や カシワハナダイ が、にぎやかに舞ってます。

オオイソバナではユウゼンがポリープをついばんでいたり、ナメモンガラのペアを観察したり・・・

流れが無いので、気の済むまでじっくりと撮影していただけます。

オヤビッチャも産卵を始めてます。
産卵したてのタマゴを、レンテンヤッコが捕食。
オヤビッチャは付近をオロオロと。

このようなシーンを見ると、ユウゼン玉もタイミングだけの問題かな?

ユウゼン小玉

18.MAY.2024(SAT)
ポイント名:八重根×2・ナズマド
気温:25℃
水温:22.5℃

こんにちは!
スタッフの和仁です!!
本日の八丈島のダイビングログです。

今日は 八重根 も ナズマド もナギましたっ!!
先日、当店にて33年のブランクを経て、ダイバー復帰されたばかりのお客様が早速リピートしてジョイント。
まずは肩慣らしで、八重根からスタートです。

ドロップオフ・オーバーハング と、地形で遊んでいただきます。

もちろん アーチ も・・・

お客様の残圧を確認しようと振り返ると、その横をツムブリの群れが通過中(笑)
慌ててシャッターを切りました。

またアーチの中では、カンパチが2匹クリーニング中。
我々が入ると、すーっと出て行っちゃいました。
邪魔してしまい、ごめんなさい。

今日の八重根で、ショックなことが。
な・なんとアオリイカの卵が、ほぼアオウミガメに食べつくされていたぁぁぁ・・・
もうボロボロ(涙)
もちろんアオリイカ自体は皆無。

今年は出だしが良かっただけに、本当に残念。
アオウミガメに「食べないでぇ!」とお願いもできないし、またそんな権利も我々ダイバーには無いし。
自然界のことなので、仕方ないですねぇ~

さて気を取り直し、ナズマドに移動してサードダイブ。

潮も全くなく、コンディション良好 ♪

馬の背の手前では、ニザダイ と メジナ の混合の群れが、ムシャムシャとお食事中。

ん~ん・・・
なんだかいい感じ。

ツバメウオ や アカヒメジの群れ、ナメモンガラ、テングダイ、タテジマキンチャクダイ などなど見ながら根の先端へ向かいます。

八重根よりも透明度も良く、流れも無いので気持ちの良いダイビングが楽しめます。
そして、エントリー前に他店のガイド仲間からの情報で「ユウゼン小玉 居ましたよ!!」
と教えてもらった場所へ。
聞いた通りに9匹(写真は7匹しか写ってませんけど)だけですが、久しぶりにペア以上のユウゼン(笑)

いよいよ「ユウゼン玉 の シーズン」の始まりですねっ!!
楽しみです。

アフターダイブは「温泉」&「サンセット」。

明日からお天気が下りではありますが、楽しんで潜りましょうねっ!!

東のボートダイビング

17.MAY.2024(FRI)
ポイント名:局長浜
気温:23℃
水温:21.2℃

こんにちは!
スタッフの和仁です!!
本日の八丈島のダイビングログです。

今日は東のボートダイビングです。
水温が1℃ほど低くなってましたが、透明度はぶち抜けで40mは見えます。
はるか遠ーーくのダイバーも、ガイドが誰なのかがはっきりと分かるぐらい。

エントリーすると浅場ではメジナが群れています。
もうそろそろ「ユウゼン玉」も期待できますね!

ツバメウオはあちこちに点在。
ダイバーに興味津々で、近寄ってきます。

またペアリングしているものも居ます。

沖の離れ根に向かう途中、お客様が真剣に撮影されていたのがトサヤッコ。
これも八丈島らしいお魚ですね!

八丈島らしいと言えば、その代表がユウゼン!
こちらも粘られてました。

トビエイを発見!
そーっと近づこうとした途端、バレた(笑)
かなりショボい写真になっちゃいましたが、一応証拠写真(汗)

カンパチは何個体もウロウロしています。

離れ根ではキホシスズメダイが、いつものごとくリバー状態に・・・

アマミスズメダイもグッチャリと。

風も弱くなりつつあり、明日はそろそろ八重根に入れるかなぁ?

東サイドでのビーチダイビング

16.MAY.2024(木)
ポイント名:三又 × 2
気温:25℃
水温:22.6℃

こんにちは!
スタッフの和仁です!!
本日の八丈島のダイビングログです。

昨日は北東の風が6mほど吹いていたが、今日は風が真逆に変わり南西の6m。
八重根はバシャバシャでNG。
でも、三又(底土)がナギてくれました(ホッ)。

本日ご来店下さったのは、北海道からのリピーターです。
コロナから全く潜られておらず、なんと5年ぶりのダイビング。
今年は本格的に動き出したからなのか、どうもブランクダイバーが多いような気がします(笑)

エンリッチドエアを使用して、ジャスト1時間のインターバルを挟みの2ダイブ。
もちろん、キャリブレーションの仕方などもすっかりとご無沙汰ですので、手順を確認しながらご自身でアナライジング(酸素濃度の分析)を行っていただきました。

5年ぶりとは言え、全くそんな雰囲気はなく、スムーズにスタート!

このポイントは沖合にあるアーチは外せません。

中に入ると、キホシスズメダイがたくさん。

アーチの外にも・・・

繁殖期らしく、動きはとても活発です。

さらに沖に出ると、ツバメウオ や ヤッコエイ も見かけます。

尾まで入れると完全にダイバーよりも大きいサイズの、巨大な マダラエイ も居ました。

その他 サザナミヤッコ、タテジマキンチャクダイ、ナメモンガラ、アマミスズメダイの幼魚などなど・・・

あっ! もちろんアオウミガメも。

「久々にアオウミガメに会うと、やはりかわいいですねっ!」なんておっしゃられてました。

2ダイブを終えてのランチ。
今日のピクニックランチは、お客さまが行ったことが無いだろう場所をセレクトしてのピクニックランチ。

北海道からいらしてくれているので南国の雰囲気満点の場所で、おしゃべりしながらのんびりとランチを楽しみました。
そしてその後は、温泉にご案内。
こちらでものんびりと過ごしていただきました。

今日のお客様から頂いたお土産。

お客様も地元である旭川の銘菓「き花(きばな)」。
世界食品コンクールで連続金賞受賞したお菓子です。
早速ホワイトを頂いてみたら、人気があるのが分かりました!!
メチャ美味しいです。
少し前まではネットでも購入しにくい商品だったみたいですね。
ありがとうございます。

エンリッチドエア

12.MAY.2024(日)
ポイント名:店内
気温:24℃
水温:***℃

こんにちは!
スタッフの和仁です!!
本日の八丈島のダイビングログです。

今日も良いお天気。
日曜日ということで、ローカルダイバーのお客様がご来店。
いつも通りお弁当を買って海に向かいます。

南風が7~8m吹いていて、八重根もナズマドもシケというほどではないものの、ちょっとパシャパシャ。
ポイントを見てお客様は「何が何でも潜りたいという訳ではないので、お店に戻って エンリッチド エア SP コースをやってください」とのリクエスト。
今日は潜らなくてもいいや・・・なんて、ローカルダイバーならではの選択ですよね。
他のお客様が居なくマンツーマンだったので、ご希望通りスケジュール変更することになりました。

まずは解りにくいだろう情報を、事前にホワイトボードにて解説。
その後、DVDをご覧いただきます。

こうすることで、内容をより理解ができます。

DVDが終わりクイズ と 酸素アナライザーの使用方法、ダイブコンピューターの設定 を行い、コースは終了です。

万能なガスではないものの、上手に使用すればとても有益なものです。
今後はエンリッチドエアをし使用して、安全に楽しみましょう!

連休明けの週末

11.MAY.2024(SAT)
ポイント名:八重根・ナズマド
気温:23℃
水温:23.5℃

こんにちは!
スタッフの和仁です!!
本日の八丈島のダイビングログです。

連休明けの週末、お天気も海況も最高です。
水中で23.5℃(写真は23.4℃ですが)まで上がり、水面は24℃になりました。

午前中のナズマドは南からの激流なので、1本目はそれを避けて八重根での~んびり。

アオリイカは1匹も居ません(涙)
まさか、もう産卵は終わりではないよね???

ハタタテハゼ や アマミスズメダイyg. 、キホシスズメダイ、カスリフサカサゴ、テンクロスジギンポ、アオウミガメ、カンパチ など見ながら、気ままに写真を撮影してくれてました。

クマノミは我々が近づくと、一生懸命に卵を守ります。

あまりじっくりと撮影するとストレスがかかるでしょうから、サクッと一枚だけ撮らせてもらいました。

2本目はナズマドへ!
海岸でランチを食べながら潮が離れるのを待ち、タイミングを見てエントリー。

緩ーい流れに逆らって、ウメイロモドキ や タカサゴ などが泳ぎ、季節の移り変わりを感じられます。

根の先端では、ユウゼンがのんびりと餌をついばんでいて、じっくりと観察出来ちゃいました。

馬の背まわりでは、あちこちでタテジマキンチャクダイを見ることができます。

根を一周しただけで、様々なステージの個体が撮影できます。

キホシスズメダイの動きが活発になってきましたので、産卵準備でしょう。
そうなると「ユウゼン玉」のシーズンもそろそろですね

PADI 初心者コース

08.MAY.2024(WED)
ポイント名:神湊
気温:23℃
水温:22.5℃

こんにちは!
スタッフの和仁です!!
本日の八丈島のダイビングログです。

昨日の豪雨はすっかりと収まり、風はまだ強いものの良いお天気となりました!
本日は、PADI 初心者コース(オープンウォーター ダイバー コース)の開催です。

限定水域ダイビングということで、とーっても穏やかな神湊で行いました。

まずはお店にて準備を!
器材のパッキングをする際に、どの順番で入れたら器材に優しいか?
そんなことも考えていただくために、あえてレンタル器材をハンガーにかけた状態でお客様をお迎えします。

レンタル器材なのでスタッフがパッキングをしてしまえば早いのですが、そこはお客様が認定後に困らないようにするため、ディスカッションをしながら考えていただきます。
また器材のセッティングの方法や、バディに器材を背負わせる(または背負わせてもらう)際にも、どちらが先に背負うのか、そしてどのようにやればお互いが簡単で楽なのかもいろいろと試していただきます。
バディが男性か女性か、ビギナーかベテランか、成人かジュニアダイバーか、と様々な状況に出会うことになるでしょう。
あらゆる状況で、一番簡単な方法を検討していただきます。

ここまでのステップも、お客様にとってとても重要な情報です。
これでいよいよポイント向けて出発です。

ポイントでは休憩を挟みながら、限定水域ダイブ1~5およびフロートと300mのスノーケリングからなる水中スキル評価を行いました。

お客様は大柄な男性なのですが、水中ではとても落ち着いており、スキルや呼吸ペースなども完璧。
終了時の残圧は、私と10BARぐらいした変わらない程。
DVDもしっかりと見て来て下さり、サクサクと進みました。

次回はいよいよ海洋実習。
どうぞお楽しみに!!