真っ青な八丈ブルー ♪

13.SEP.2020(SUN)
ポイント名: 一の根・船付鼻(沈船)・八重根
気温:31℃
水温:29.5℃

こんにちは!
スタッフの小池です!!
本日の八丈島のダイビングログです。

今日は「ファンダイビングチーム」と「ライセンスコースチーム」に分かれてのオペレーションでした。

菊池が担当した「ファンダイビングチーム」は西側のボートダイビング!
1本目は八丈小島まで行ってきました。


空も海も青くて、風が吹くと涼しく爽快です!
エントリーすると海中世界も真っ青 \(◎o◎)/
ボートや遠くの根までくっきり見えます。



岩の隙間なども入り、ワクワクが止まらない地形です!



午後は八丈小島周りの潮が早くなってしまったため、八丈島周辺まで戻ってきました。
すると、普段は潮が激流の船付鼻(沈船)のポイントがベタナギ!!
これはチャンス!ということで沈船に行ってきました。



まだそのまま部品などが残っています。
そこには魚もたくさん根付いていました ♪
逆さまになっている船もじっくり観察。



崩れると危ないので中には入れませんが、外観だけでも迫力満点です!
大きなプロペラもそのままでした。



3本目はビーチに移動し、八重根で遊んできました。
ドロップオフや大きなアーチを観察。
ビーチポイントなのに豪快な地形です!



カメさんもばっっちり撮影 ☆



たっぷり3ダイブ遊び、青い海を満喫できました ♪

一方小池が担当した「ライセンスコースチーム」はまず午前中に「ダイブマスターコース」を開催!
水中スキル実習の「400mスイム」「800mスノーケリング」「15分間の立ち泳ぎ」を行いました。



日も差していて、水温も暖かかったのでサクサクと終了できました。
残りのカリキュラムも頑張りましょう!

午後はお客様が入れ替わり「レスキュー・ダイバー・コース」を開催。
以前、スキル練習を終了したお客様ですので「シナリオ1~2」を行いました。
練習したスキルの総復習となります!



しっかりとコンパスを使いこなし、行方不明ダイバーを捜索。
ちゃーんと発見できました \(^O^)/



「水中での反応のないダイバー」の対応では浮上スピードに気を付けながら引き上げを行いました。



「水面で反応のないダイバーの対応」では曳行しながら、救助者と事故者の器材を脱がせます。
「5秒に1回呼吸」「気道の確保」「水を飲ませない」も3つも練習通りばっちりです ☆
エキジット後、CPRもデモンストレーションで行いました。



残りのカリキュラムも日程を合わせ、順調に終了できそうです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください