施設・スタッフのご紹介


ダイブセンター

比三一ダイバーズクラブは1977年に設立しました。現在は 【 PADI 5 スター ダイブ リゾート 】 として登録され、 「PADI特別賞」 や 「PADI優秀賞」 なども受賞。
施設は トイレ2基、ウエットのまま入れる個室温水シャワー3基、器材洗い場、そして当店自慢の 雨でも濡れない全天候型の器材干し場 が整備され、お客様が使いやすいように設計されています。
営業時間内(09:00~22:00)は、コーヒー・紅茶などの飲み物は、ご自由にお飲み下さい。

店舗は西側の海岸線に面しているため、アフターダイブは「ビール片手にサンセット!」なんて言うのも良いかもですねっ♪
店内では free-wifi も完備しています。
自由にご利用ください。


器材メンテナンス施設

当店では国内で販売流通されている、ほとんどの器材メーカー(TUSA、SAS、マレス、スキューバプロ、Bism、アクアラング、アポロなどなど)の修理技術者としての正式な認定を受け、レンタル器材のみならず、お客様の不慮の器材トラブルや定期メンテナンス(オーバーホール)も常時提供できる体制を整えています。

メジャーなモデルにおいては常時交換用のパーツも保有しており、ご依頼のございましたお客様の器材オーバーホールに関しましては、認定技術者が専用工具、超音波洗浄機 & 専用洗浄剤(ホスニン)、複数のトルクレンチ、マグネリックゲージ、電動ルーターなどを駆使し丁寧にしっかりと仕上げます。


スタッフのご紹介



菊池 和仁

● 1965年9月1日生まれ
● PADIマスターインストラクター
● 潜水士
● 小型一級船舶操縦士
● 救急再圧員
● 海難救助隊員
● スキューバプロ・プロダクトアドバイザー
● 警視総監賞・善行表彰・東京都功労賞を受賞

オーナー インストラクターは、八丈島出身の 【ロコ・ダイバー】 。
ダイビングを始めたのは1975年で、ダイビング本数は20170本(2020年3月現在)の
「PADI マスター・インストラクター」 。
都内のダイビングショップや沖縄のリゾートにて実務経験を積み、現在は地元の八丈島にて
「ダイビングガイド」 「ダイバートレーニング」 「器材のメンテナンス」 などを行っている。
また 「救急再圧員」 として、減圧症が発症した際には再圧チャンバーのオペレーションや、
海難事故などが起きた際には 「海難救助隊長」また「海上保安協力員」 として、救助や捜索、
また実況見分なども担当する。



小池 明美

● 7月5日生まれ             
●PADI インストラクター
●潜水士





● 警視総監賞・善行表彰・東京都功労賞を受賞


比三一ダイバーズクラブの、女性インストラクターです。
常勤ですので、通年を通して勤務しております。
ご来店いただく皆様を、女性の目線をもってきめ細やかに、そして丁寧にケアして参ります。
どうぞ宜しくお願いします。


店舗概要

店名
比三一(ひさいち)ダイバーズクラブ (PADI 5スター ダイブリゾート S-5925)
代表者
菊池 和仁
店舗所在地
〒100-1401
東京都八丈島八丈町大賀郷7914-1
TEL. 04996-2-4497
eメール. info@hisaichi.jp

アクセス
主な取扱メーカー
スキューバプロ / マレス / 日本アクアラング / S.A.S. / ワールドダイブ / モビーディック / キヌガワ(GULL) / Bism /
FLコーポレーション / ZERO / BBC / 村上商事 / Hi-Tech Dive / Fish eye / INON / タバタ(TUSA)
指導団体
PADI
設立
1977年10月26日