レスキューダイバーコース


レスキューダイバーコースは

多くのダイバーは 「レスキューダイバー」 と聞くと、事故者を見ると飛び込んで、担ぎ上げて上がってくる。
そんな強靭なダイバーのイメージではないでしょうか?

PADIレスキューダイバーコースは、実はその様な海難救助隊員を育てるのが目的ではなくて、「バディに対して、気にかけてあげられるダイバー」「バディが困っている時に、手を差し伸べてあげられるダイバー」、そしてなにより「事故を未然に防ぐダイバー」、そんなダイバーになってもらうことが目的です。

トレーニングでは最悪の事態のことも想定して、水面での人工呼吸の練習も行いますが、「すぐに助けを呼んだり」「誰かに手伝ってもらったり」ということも練習します。

当店では、長い時間をかけてコースを開催し、その中で培ってきたノウハウにて「力を使わないレスキューテクニック」などもお伝えしていきます。
力ずくで陸上に担ぎ上げるのではなく、ちょっとしたコツが分かれば、さほど力を使わず簡単です ♪

是非みなさんも、安全なダイビングをするうえで必要な情報を、このレスキューダイバーコースを通してGETしましょう!!


コース内容・料金

◆ 基本日程:現地2日間

1日目:コース登録セッション・限定水域ダイビング・
2日目:海洋実習・ファイナルエグザム・申請手続き&カウンセリングセッション

◆ コース費:47,500円(税別)
◆ 含まれるもの:2日間のコース費・教材費・申請料・施設使用料・島内での交通費
◆ 含まれないもの:八丈島までの交通費・宿泊費・お食事・レンタル器材(必要なら)・
◆ ご用意いただくもの:病歴診断書(事前に教材と一緒にお渡しします)・申請用の顔写真・ダイビング器材一式・

※ このコースにご参加頂くには、24か月以内にPADIが認めたCPRとファーストエイドのコースを終了していなければなりません。まだ終わられていない方は、事前にご相談ください。
※ ご参加頂く前に、事前にお渡しする教材にて自習を行ってください(知識の復習をご提出いただきます)。


当店が開催するコースのこだわりは

どうしても「力」で何とかしようとするレスキュー。
でも決してそんなに「力」は必要なく、テクニックでカバーできます。
そんな「力を使わないレスキューテクニック」をお伝えすること、そしてそれを学んでもらうことで、みなさんのノウハウの一つにしてもらえる様にコースを開催しています。

また当店は「八丈島海難救助隊の本部」として機能しております。
「警視庁の職員」や「東京消防庁の職員」などにも、コース開催経験があります。
そんな経験の中から、一般ダイバーにも知ってもらえると価値のある情報なども、コースを通してお伝えできたらと考えています。


当店では【Rescue Diver Week】というイベントも開催しております。
既にレスキューダイバーとして認定されてい方と、今からコースに参加される方とが一緒になって、ワイワイと楽しく、でも真剣にイベントとしてコースを開催しています。

詳しくは イベントのページ をご覧ください。