ツアーレポート2020

新春 凧揚げダイブ

02.JAN.2020(THU)

いよいよ2020年。
2019年は皆様に大変お世話になりました。
2020年もどうぞ宜しくお願いします。

新春、最初のイベントは、恒例の「凧揚げダイブ」です。
93年に初めて行ったこの水中凧揚げダイブで、復活イベントとしてリスタートして、現在もなお継続中。
水中での凧揚げを満喫していただきました ♪

八丈島の透明度だからこそできるイベントですね。
今年はだれも凧も壊わすことなく、無事に終了できました (笑)

2020年も皆さんに楽しんでもらえるよう、たくさんイベントを企画していますよ~ \(^O^)/



プエルト・ガレラ

12.FEB.2020(WED)~16.FEB(SUN)

今年の海外イベントは、フィリピンにある「プエルト・ガレラ」からスタート。
マニラ空港からバンをチャーターして、陸路をバタンガスに向けひた走り。
そこからはボートに乗り換え90分(バンカーボートだと2時間かかる)行くとプエルト・ガレラに到着。

欧米人には既に人気があるものの、日本ではマイナーなこのリゾート地。
まだ大規模な開発が行われていないため、「秘境」「穴場」というにふさわしい場所です。

そんな穴場リゾートに初上陸です。
現地には友人であるダイビングインストラクターの「薫ちゃん」がいて、今回のイベントの全面バック
アップをしてくれました。
(事前打ち合わせから始まり、現地に於いてはいろいろとアドバイスをくれました!)

さて初めてのリゾートに、期待度満点で臨みます。
フィリピンという事で透明度はあまり期待していませんでしたが、とにかく魚影が凄いっ!!
そして潮の流れも凄いっ(汗)
今回ご参加下さったメンバーは、経験豊富な当店のリピーターのみでしたので、な~んにも問題はあり
ませんでしたが、ビギナーさんがのんびりと潜る様な雰囲気ではないかなぁ?

エントリーも、スタッフの「One ! Two! Three! Go!」に合わせて、全員一斉にバックロール
エントリー。
そのまま流れながら水面集合ののち、これまた流れながらガイドを追って潜降していく感じ。(全てのポ
イントがそうではありませんが・・・)
アンカーロープや潜降ロープなどは一切ありません。

気分よくドリフトしていると、グルクマやロウニンアジなどの回遊魚が通り過ぎていきます。
また、メラネシアンアンティアスやケラマハナダイなどのハナダイの仲間が乱舞し、ヤイトヤッコやタテ
ジマヤッコなどのキンチャクダイもそこらへんにウジャウジャ。
湾内の穏やかなポイントでも、ハナダイの仲間やハゼの仲間など見るもの一杯 \(^O^)/
とてもエキサイティングなダイブサイトが目白押しです。

そして、陸上はというとトライシクル(サイドカー付きのバイク)にてサバンエリアに出かけたり、またシ
ョップの隣のレストランで焼き鳥(っていうのかなぁ?)を買ってきて食べたり、近所のローカル スーパー
マーケットで物色したりと、フィリピンライフを満喫 (^^♪

ディナーで特筆するのは、宿泊した「Oriennto pearl resort」 の琴さんにお願いをし、フィリピン伝統の
軍隊式のお食事【 ブードル ファイト(Boodle Fight) 】をやっていただきました。
お皿は無く、バナナの葉の上にチキンの丸焼きや、エビなどのシーフード、焼きナスやビーフン、そしてフ
ルーツなどなどを並べて、豪快に手掴みで食べるBBQです。めちゃめちゃテンションあがります (≧∇≦)
残すと「腕立て伏せ」のペナルティーがあるそうで、それが終わると再び食べ始め、そしてまた腕立て伏せ
の繰り返しらしい ( ̄▽ ̄;)

ということで、初めて訪れたエリアにもかかわらずとても居心地の良いリゾートで、我が物顔で遊ばせてく
れましたっ!!
これはリピート決定だなぁ~


沖永良部島

25.MAR.2020(WED)~29.MAR(SUN)

恒例の【エルニド・リゾート】は、コロナウイルスの影響により渡航不能となり、プランBとしてオーストラ
リア、インドネシア、マレーシア、モルディブ、サイパン、パラオといろいろと検討した結果、やはり国内へ
シフトするという結論に至りまして、友人が経営する「シードリーム 沖永良部」にお世話になりました。

お付き合いのあった旅行会社へ相談すると、「14時までに入金いただければ、ギリギリ間に合う」といった状
況での決定。慌てて入金をし、ツアー催行にこぎつけました(汗)

シードリーム沖永良部の東くんの完全なるサポートのもと、練りに練ったツアーのごとく、とてもスムーズで
しかもお客様たちからは「今までいろいろとツアーに行ったけど、過去最高のツアーでした!!」「一人で沖
縄かなぁ? と思っていたけど最高のツアーに参加させていただけました!」という大絶賛のお言葉を頂きまし
た。

さて出発当日は、ここまでコロナの影響が出ることと想像もできないまま出発。
そうはいえ、今回のツアーはJALの「サクララウンジ利用」も付いてまして、やはり空いてました。
JALで鹿児島経由、日本トランスオーシャンにコネクティングし、一路沖永良部島へ!!

14時過ぎにホテル到着という中途半端な時間。ここで今回初企画となる「ケイビング(洞窟探検)」に参加。
初めて参加の人が入ることが可能な「リムストーンケイブ」に出かけます。
ウエットスーツの上につなぎを着て、ヘルメットにヘッドライト、専用のブーツを履いてケイビング協会の正
式ガイドでもある東くんに続きます。
以前、このケービングに誘われたこともあったのですが、「えっ? 洞窟探検? 子供じゃあるまいし・・・」とバ
カにしてごめんなさい m(_ _)m
もの凄いアクティビティです。
完全に真っ暗な中、ライトのみで迷路を進む感じ。しかも見事な鍾乳石やら、こんなに水流がある川が地底を
流れているんだぁ~ 神秘の絶景にただ驚くばかり。
この時点ですでに翌日、経験者のみが入ることを許されている「水連洞」へアタックすることが全員一致にて
決定!!

予定通りエンリッチドエアを使用して4ダイブし、その後再びつなぎに着替えて、ケイブに向かいます。
ショップツアーでこのケイブに連れて行くのは初という事で、さらにテンション上がりまくり。
絶景に続く絶景。 これはもう見事としか言いようがありません。
あと残る2つのケイブのアタックも計画中。

さて、肝心な海はというと、こちらももう凄すぎましたっ!!
ポイントへの移動中に、ザトウクジラのブリーチングに遭遇したり、またハンマーヘッドが現れたりと、文句
なしの海です。
海況もナギだし、透明度も抜群 \(^O^)/
また八丈島ではレアなアゴハタなどもあちこちにいて、捕食シーンまでしっかり観察できちゃいました。
見事に延々と広がるサンゴや、広々とした砂地。
最高のダイビングを楽しめましたよ ♪

食事(これがメインだと思っている方もいるでしょうけど・・・)に関しても、「ド・ストライク」です。
「旬香」や「海邦丸」の大将たちも私のことを覚えていてくれ「お帰り~」と声をかけてくれました。
またランチには豪快に伊勢海老が乗っている海鮮丼など、出てきた瞬間お客様は歓声・・・いやっ奇声かなぁ?
を上げるほど(笑)

プランBのツアーだとは思えない程、みなさん(私も含め)存分に沖永良部を満喫してきました。
次回は12月に開催すべく、検討しています。
興味のある方はスタッフまでお問い合わせくださいね。